どうなるの…?  



皆さんこんにちは! 

前回からまた随分と日にちが過ぎましたが…
今回の記事もきちんとブログにしたいと思ったので
こっちに投稿します!!

(賛同・反対意見もあると思いますが
私個人の経験談として生暖かい目で読んでやってください…🙇🏽‍♀️)

ビキニの大会に出はじめて4年目に入りました!

今回は大会についてではなく、
隠していた私の「クレイジーな食欲」についてです。

SNSではあまり見せることがない「現実」「問題」「悩み」「自分なりの解決策」など改めてブログにしました。

体作りは食事・トレーニング・休養がセットになった時効率よく身体の変化に繋がります。特に食事について広げると

PFCバランス・摂取カロリー・摂取タイミングなど

自分の意思でどこまでも繊細に食事と向き合うことができると思います
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

常に身体が絞れてるタイプではない私にとって、大会に出る事は毎回 一定期間の減量がつきもので 

4年目になってやっと確信した自分の変化は
減量を繰り返す度に、オフシーズン”食への依存”が強くなってる事です。一回あたりの食事摂取量の増加、食後の満腹感の低下、食欲の増加、食べものについて考える回数の増加などなど… 過食気味ですね。

上記の現象を、自分の意思である程度コントロールすることは可能だとおもいますが… 無意識的に1日中食べ物のことばかり考えてる件は…どうしたらいいのか!!! 

考えてみるとおそらく、私が過食気味になってる原因は食欲を強制的に抑える”減量期”の反動にあると思います。笑 好きでやってる減量なのになんだか無念ですね(笑) 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私の場合、例年オフシーズンは体重を増やします。 
ただ、食べるも自体は比較的クリーンなものです。

ですが今年のオフシーズンに入り (先月末から)

「今日が最後!」
「今日が最後!」
「今日が最後…」

過食気味な食生活が続きました。
抵抗がありながらも、食事はクレイジーに荒れ狂ってました。(笑)

「最後の晩餐」を何回やったんだろう…

いつの間に”普通の食事”として根付いていた
筋肉中心の食事。通常運転に戻さないと… 不安と焦りと、もろもろ。

皮肉にも通常運転に戻すと、すぐ私の頭の中は食べ物でいっぱいになります。(笑)そして、胃袋がブラックホールへと化していきました…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

過食気味のマインドをリセットしたい。

長い目で見たら、健康にもよくない。 
身体作りが好き。時が来ればまた減量がはじまる。 

そこで私が考えた解決策は 
“自然体に戻るまで開放” です 

“!!!”

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

依存の原因は”我慢”? 

“筋肉中心の生活”において”これは絶対に守る!”と自分に言い聞かせてる事をあえて取り外してみる事で、反動による食への依存は良くなるんじゃないかな…

試しに1週間、
自分で以下のルールを決めて生活してみました

やる事(減量期には絶対にしない事)
‪・その時の気分で何食べるか決める ‬
‪・その時の気分で食べる量を決める ‬
‪・カロリー気にしない
‪・PFC 気にしない‬ … (Pだけ一定量摂れるように気にしてたかも)

代わりに守ること 
‪・お腹いっぱいの時は無理に食べない‬
‪・身体が欲するものを食べる ‬
‪・体重の増加は覚悟 ‬
‪・トレーニングはしっかりやる

以下、食べたもの全部。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1週間経過して、今の状態は 

・腹筋と輪郭は消えた
・心がハッピー 
・エネルギー感じる 
・体もハッピー

太って見た目が変わる事は嫌だけど…

少しずつ、身体が求める食事量と、食事内容が
自然なものに戻ってきてる気がします

健康な心と身体があってこそ
日々のトレーニングも楽しくなるとおもうので
とりあえずこのまま様子みます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
一般的な”健康な身体の為の食事” と”競技者の減量時の食事”は少し違うもので…

同じくトレーニングも”健康やダイエットの為”のものと”競技で勝つため”のものでは内容が異なりますし、身体に与える影響は全く違うと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どこか自分の不具合に気づいたら
少し止まってもいいから、健康な心と身体を取り戻すのも大事だなと思いました!

このブログを読んで “食いしん坊!!” “自己管理できてない!!” と言われたらそれまでですが、色んな人がいると思うので、もし同じようなことで悩んでる人が読んでくれてたら嬉しいです。

Love you all!

Sae

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です